Home

夫婦で流行チェック

お酒とニキビ予防

お酒は程よく上手に飲むとストレス解消になりニキビ予防としてある程度貢献してくれますが、お酒の飲みすぎとなると逆に悪い影響を与えます。
ニキビ予防を心がけるなら、お酒の量にも注意が必要です。

最近ではニキビ治療にフォトシルクプラスなどの治療法もありますがニキビができないにこしたことはありませんね。

お酒つまりアルコールの飲み過ぎは、まず消化器官に負担をかけ荒らしてしまいます。
消化器官が弱まると肌に必要な栄養素をうまく吸収できず、その結果肌荒れの原因となってしまいます。
またアルコールが肝臓に負担をかけることも周知の事実ですが、肝臓機能が弱まると体内での解毒作用とその老廃物を排出する機能が低下することになります。
そうなると、体内で溜まった毒素・老廃物は肌の毛穴から排出されるため、これがニキビを作ってしまいます。

更にお酒には糖分が多く含まれています。
糖分は体内で油分に変化する為皮脂の分泌過剰に繋がりますし、糖分を代謝させるために皮脂の分泌を調整するビタミンBが大量に消費されてしまい、
皮脂の分泌が上手く調整できなくなってしまいます。
またお酒と一緒に食べるおつまみも油分の高いものが多いですよね。

また、お酒の飲み方も気をつけましょう。
お酒はどうしても夜遅くまで飲んでしまうことが多いので、生活リズムを崩してしまいます。
ニキビ予防の為には規則正しい生活習慣が大切ですから、お酒を飲む時には早めに切り上げるようにしましょう。

Return to page top